能と琵琶の所沢輝翔会

仕舞・能楽解説

 小早川 泰輝
(こばやかわ やすき)

本名 小野里 泰輝 (おのざと やすき)

1990年生まれ能楽師小早川修の長男
父及び浅見真州に師事

2歳で初舞台
2013年 東京藝術大学音楽学部

邦楽科能楽専攻卒業
2018年 観世流準職分認定
これまでに「石橋」「乱」を披く
2020年3月 国立能楽堂にて

「道成寺」を披演予定

長身美声の若手能楽師

 

小早川家HPはこちら

 

 

 

薩摩琵琶演奏 : 

ゼノビッチ美奈子

所沢市宮本町在住。薩摩琵琶演奏家/日本画家。

四弦薩摩琵琶を鶴田鶴史の直弟子、
田中錦煌師に師事。能楽協会会員。
能楽を小早川泰輝氏の父、小早川修氏に師事。

 

各種イベントでの演奏の他、
養護施設等のボランティア演奏活動を行う。

武蔵野美術大学日本画科卒。
文化庁芸術家派遣員としてニューヨーク、

Pratt Institute絵画科修士号取得。
現在、美術家として国内外で活動中。

http://www.minakoyamano.com/

 

 

 

地謡

 小早川 康充
(こばやかわ やすみつ)

本名 小野里 康充 (おのざと やすみつ)

1997年 小早川修の次男として

生まれる。
父・小早川修 及び浅見真州師に師事。
2000年「鶴亀」の仕舞で初舞台
2007年「千歳」
2009年「烏帽子折」
2011年 初シテ「敦盛」
2014年 初面「土蜘蛛」
2015年 東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻入学

 

小早川家HPはこちら